講演1

仕事ではじめる機械学習

概要

機械学習という言葉が産業界にも広く聞かれるようになり、ソフトウェアエンジニアの中でも非常に注目されるトピックになった。実際のソフトウェアシステムに機械学習を組み込む際は、高速に試行錯誤をするスピード感とプロダクション環境を守るバランス感を持った開発・運用が重要となる。こうした繰り返しの開発・運用を支えるデプロイの方法や、機械学習プロジェクトの進め方などまだ整理されていないことは多い。本発表では、こうした機械学習を含むシステム開発特有の問題について議論していく。​

有賀康顕

Cloudera株式会社 フィールドデータサイエンティスト

【略歴】

東芝研究開発センターにて音声対話、自然言語処理、大規模データに対する機械学習の研究開発の後、クックパッドにてレコメンドをはじめとする機械学習を活用するプロダクト開発を経て現在はCloudera所属。Field data scientistとして、データ活用や機械学習の支援を行う。

​講演スライドはこちら(SlideShare)